高齢者は舌を鍛えて誤嚥性肺炎を防げ!というお話

舌も加齢とともにその能力や機能が落ちていくらしい
舌の機能が落ちてくると誤嚥 つまり食べ物や飲み物をとった時にゴホゴホっとむせることだ。
高齢者に深刻な病気でもある誤嚥性肺炎
つまり食べ物や飲み物が食道ではなく気管から肺に入り、そのばい菌たちが原因で肺炎を起こす
高齢者なら気と付けたい病気です。

■ 舌にも筋肉がある
舌にも筋肉がありこれを舌筋と呼ぶそうです。
この舌筋は使わないとたちまち衰えます。
確かに腹筋や背筋を意識的に鍛える人はいても舌筋なんて意識して鍛える人なんて少ないでしょうね。

■ 舌筋が衰えると二重アゴに
舌筋が衰えて垂れてくると二重アゴになりやすいとのことです。
渡した井口の中はほとんどが舌筋で占められています。
咽頭隆起
つまりのどぼとけから上はほとんどがこの舌筋らしいです。
使わなければ衰えるのが筋肉で、この舌筋が衰えて垂れてくると同時にのどの内側が下がり二アゴになってしまうのです。
ダイエットをしても二重アゴが元に戻らないのはこれが理由らしいです。

■ 活舌(かつぜつ)が悪いのは舌筋の衰え

私たちが話す時には会話の中で舌をかなり動かします。
舌筋が衰えるとこの動きが悪くなり、活舌が悪くなるのです。

「キャリーパミュパミュ」
これが普通に言えれば大丈夫だそうです。

■ 誤嚥と二重アゴの関係
食事がうまく呑み込めない
お茶を飲む時によくむせる
そんな方は二重アゴのことがよくあるそうです。
必ずしも嚥下障害とまで診断されなくても、少し大きな食べ物を入れるとなかなか呑み込めないという高齢者は少なくないのです。

■舌の筋トレ
難しいことはありません。
両手のひうらで顔面をしっかりつかんで押し上げる
歯を食いしばって出来る奥歯のあたりの筋肉の塊のことろをよくマッサージする
口を開け、舌を伸ばし上の歯になぞるように動かす、
口を開け、舌をずっと伸ばしたまま左右に動かし、右端・左端で各3秒間止めてその状態を保つ。

それだけで下の筋肉の衰えも防げるそうです。
ではもう一ど言ってみましょう。
「きゃりーぱみゅぱみゅ」
言えましたか?
旦那 浮気調査 自分で GPS

元祖ひょうきんアナなど著名キャスターの報道番組降板の嵐

フリーの著名元女性アナウンサーのキャスター降板という流れが止まりません。
安藤優子・・・直撃Liveグッディ
長野智子・・・サンデーステーション
どんどん著名元女子アナキャスターの降板がニュースで流れています。

■ これもコロナの影響かも?
ご存知の通りマスコミ関係でもコロナ禍が大きく影響を与えています。
それはCM出稿が激減しているからです。
CMだお宣伝広告費が削られれば、テレビ局もその番組の制作費を削らなければいけません。
その真っ先に経費削減の対象になるのが出演料です。

長野智子キャスターの後釜が小木逸平アナと森川夕貴アナという局アナにバトンタッチすることからもそれがうかがえます。

長野智子さんは商社マンとの結婚気に退社
その後は古舘伊知郎さんの古館プロダクションに所属
そして2000年 あの「ザ・スクープ」でメインキャスターの鳥越俊太郎さんのお隣に座ることとなり、そこから以前の表記ななうんさーというイメージから報道キャスターへとイメージ変更が成功したようにも思います。
鳥越俊太郎さんの番組進行に出すぎず引っ込みすぎずその対応が高く評価されたともあります。
さらにはあの田原総一朗氏の「朝まで生テレビ」でも8年間司会を務めたことは、どんな場面でも対応できる堅実で器用なことが証明されたと思います。
そこにはもう「おれたちひょうきん族」でのひょうきんアナのイメージはありませんし。ほとんどの方はそんなことは忘れているでしょう。
墓じまい メリット

■ 実は報道志向だった長野アナ
長野さんが入社したフジテレビは当時起死回生のに向けバラエティ路線まっしぐらでした。
「楽しくなければテレビじゃない」とは当時のスローガンです。
入社2年目には3代目”ひょうきんアナ”として抜擢されました。
そこではお笑い芸人さんからの強烈なセクハラまがいなイジリ方もなんなくこなしてきた長野さんです。
今から考えれば「朝まで生テレビ」の司会も難なくこなせたのはそのあたりを考えれば当然かもしれませんね。

79歳おじいちゃんが、おれおれ詐欺にだまされたふりして16歳少年を逮捕

79歳の高齢のおじいちゃんが大手柄です。
息子をかたり79歳の高齢のおじいちゃんから現金1100万円をだまし取ろうとした16歳の少年が逮捕されました。息子をかたって「だまされて保証人になったが、借金を払わないと訴えられる。金を貸してほしい」と79歳のおじいちゃんに電話をかけてきて現金をだまし取ろうとしました。79歳のおじいちゃんは息子の声に違和感を感じて、別居中の息子さんに確認の電話をしました。息子さんはそんな事実はないといったため79歳のおじいちゃんは警察に相談しました。そのままだまされたふりをして現金を取りに来た犯人を警察が逮捕しました。でも果たして逮捕された未成年の少年だけが犯人なのでしょうか?おそらく背後で操っている黒幕がいると思います。捕まった少年はトカゲのしっぽのように切り離されて黒幕は捕まらないと思います。オレオレ詐欺をなくすにはこの黒幕を逮捕しないといけません。黒幕までたどり着けないような仕組みになっているから警察も大変です。でも警察には頑張ってもらいたい。悪いことをすれば必ず捕まれば犯罪は減っていくはずです。小さな犯罪でも捕まえていかないと、逃げ徳を許してしまっては犯罪は減りません。

おじいちゃん立派です。対応もよかったです。確認の電話をするのが正解です。このようにしてどんどん情報弱者から搾取するような人を捕まえてほしいです。情報弱者の高齢者に注意喚起するのでなく犯人は必ず逮捕されるとなれば誰もやらなくなります。日本人のいいところは人を疑わない優しい心なのです。特にネットの社会では疑いの目で見ないとだます人がたくさんいます。リアルな世界もネットの世界も誰もが安心して利用できる世の中を作っていきたい。おてんとうさまは見ています悪いことをすれば必ず捕まる世の中にしたい。

オレオレ詐欺のような特殊詐欺はなかなか減っていきません。これだけ広報活動しても減りませんね。
電話機のナンバーディスプレイを利用して登録してある人以外は電話に出ないようにするのが効果的です。私の母にも使ってもらっています。電話機で誰からの電話かわかるし、知らない番号の時は、留守電に録音してもらいます。知っている人ならそのまま出ればいいだけです。非通知の電話も意外と多いです。録音機能もあるので知らない番号の時は録音しますとアナウンスが流れます。かなりの抑止力になるはずです。
NTTさまどうかナンバーディスプレイを無料にしてください。

離れて暮らす両親の見守りと孫の様子を届けられる商品があります
まごチャンネルのamazonなどの口コミはどうなの?
今までありそうでなかった商品です。気になる方はお読みください。

番組放送中にろれつが回らなくなる恐怖・・・

ネットニュースを見ていたら、朝日テレビの「おはようコール」という番組での放送事故が報じられていました。
具体的な状況としては「おはようコール」に出演していた増田沙織アナウンサーがろれつが回らなくなる状況に陥ったというのです。
動画もアップされていたので見てみると、確かにろれつが回っていません。
他の出演者たちも異変を感じてフリーズしているような状況でした。
となりにいた横山太一アナウンサーがすかさずフォローして番組はそのまま終了しました。
誰もが「脳梗塞」を疑ったはずです。
でも、最新ニュースによるとろれつが回らなかったのは立ちくらみが原因だったそうで、今は回復しているそうです。
脳梗塞じゃなくてホントに良かったですね。
女性は鉄分が不足している人が多いので、サプリメントなどで意識的に補う必要があります。
鉄分を補うものは世の中にいろいろありますが、ひそかに女性たちから人気を集めているのが「豊潤サジー」です。
豊潤サジーはユーラシア原産のスーパーフルーツ「サジー」を原料にした濃厚な果実ドリンクです。
多くの有名女性雑誌でも紹介されているので、すでに知っている人も多いかもしれませんね。
気になるお味はというと、はっきり言っておいしくはありません。
具体的には「すっぱ苦い」といった味です。
どうせならおいしい味にすればいいのにと思ってしまいますが、すっぱ苦いのはサジーを丸ごとピューレしているからなんです。
つまり、人工甘味料や保存料などを使わず、「サジー100%」にこだわっているからなんですね。
そんなすっぱ苦い豊潤サジーはオレンジジュースや牛乳で割るとおいしく飲むことができます。
人によっては他の飲み物で割らずに原液のまま飲むという人もいます。
意外とすっぱ苦い味が逆にやみつきになるんだとか。
いずれにしても豊潤サジーを毎日飲めば立ちくらみなどの悩みは少なくなっていきます。
自分に合うかどうか不安ということであれば、10日分1,000円でお試し購入ができますよ。
「最近ちょっと立ちくらみが多いかも・・・」と思っているなら1,000円で一度試してみてはいかがでしょう。
お試しで購入してみて気に入ったら定期コースで継続すれば、単品で購入するよりもかなり安く手に入れることができます。
豊潤サジー 安い
でもここで注意しておきたいのは豊潤サジーは決して薬ではないということです。
あくまで健康食品の位置づけであるということを忘れてはいけません。
常に健康でいるためには、バランスのとれた食生活や適度の運動といった健康習慣は欠かせません。
そのうえで豊潤サジーを生活の中に取り入れるのはとても賢い選択だと言えます。

家庭でのスマホ・インターネット依存を見直そう

何処に行くにもスマートフォンがあるのが当たり前という人々は多いと思います。
歩きながらスマートフォンを見、SNSや動画の閲覧等、視界が狭くなり人や物とぶつかるケースもあります。

親がスマートフォンに集中して、子供がうろうろしている事に全く気付いていない親も多いです。
迷子や怪我をしてしまう事が多いのです。
気を取られていたでは済まない件も多々あります。

また、動画を見せておけば大人しいからとお子さんにスマートフォンやタブレットを安易に渡しているシチュエーションもよく見かけます。アニメが始まる前の注意で聞いた事があると思うのですが、「テレビを見る時は部屋を明るくして離れてみてね」と言っています。
ですが、スマートフォンやタブレットなど、手の中に治まってしまうものの距離感はお子さんには分かりません。
大人ですらスマートフォンと顔の距離が近く視野が狭くなってしまうのに、意識的にお子さんが画面から離れて見るという事はあまりないでしょう。
視力低下は勿論、活発に動き回る事が減るので、幼いお子さんの成長の妨げになり兼ねません。

1番私が聞いた中で悲しかった事は、スマートフォンばかり触って相手にして貰えなかったお子さんが母親に「ママは僕よりスマートフォンが好きなんだね」と言った事でした。
勿論、スマートフォンを触っていた理由は仕事の連絡だったのかもしれません。

個々それぞれにスマートフォンやタブレットを触り、家庭内でのコミュニケーションが減っているご家庭の話をよく耳にします。
この話はその最たるものではないかと思いました。
これでは、家族であっても家庭内で他人と暮らしているのと変わらないでしょう。

便利であるからこそ、そこに伴う責任や欠点に気付かなければならない大人が、スマートフォンやインターネットを安易に捉えているのが現状です。

また、父親がスマホゲーム依存・中学生の子供がオンラインゲームの依存
母親がSNS依存
・・・なんて話もよくあることです。

依存性になった方も永遠にやめれないわけではありません。

依存症 克服でどう改善しているのか参考にしてください。

是非、一度自分の使い方や家族での使い方について考えてみてください。
そこから改善へ進みます。