キングダム続編撮影で見せた大沢たかおのプロ根性

コミックでも大好きだったキングダム
そpれが実写の映画化で話題となりました。

そのキャスティングも
・主人公の信は山崎賢人
・へっぽこ軍師役の橋本環奈
さらには脇をなんと
長澤まさみ
要潤
らが固めています。
この中で大沢たかおさんは重要なキーパーソン「王騎」(おうき)役を演じられています。
この王騎は中華最強の将軍でそのキャラクターもちょっとオネエチックで個性的に大沢さんは演じられています。
その快演のせいか前回の興行収入はなんと高ぎぃおう収入57億円という大ヒットでした。

■役作りがあだとなってしまった王騎役の大沢たかお
この大沢たかお演じる王騎というキャラクター
無類のカリスマ性と強さを兼ね備えていて、実写の映画ではそれをどう表現するのか難しいかったと思います。
本来ならばプロレスラーの誰かが演じてもいいくらいです。
そこで大沢たかおさんは徹底的に身体をビルドアップして筋肉ムキムキマンにした役作り
原作者の原泰久氏も
「大沢さんの王騎は一切文句が出ないくらいの完璧」
と認めたそうです。

しあkし、そのキングダム続編撮影のために役作りをしていた大沢たかおさんに大きなアクシデントが起こりました。
王騎の役作りのため食事制限やハードなトレーにオングをしている最中に『腹直筋断裂』という大けがを負ってしまったのです。
腹直筋断裂とは、福勅雄株が裂けて血腫ができた状態。
突然強い圧がかかるとことで起こるそうです。
しかも、約2週間程度はベッドから起き上がることどころか笑うことも痛くてつらいそうです。

しかし、そこはプロの役者の大沢たかおさん
怪我をおしての撮影強行参加されたそうです。
撮影は東北の山奥での騎馬シーン。
甲冑の下には胸元までぐるぐる巻きにコルセットを撒いての現場入り
終日、馬上での撮影に弱音ひとつ吐かなかったそうです。
それどころか大沢さんの怪我のことは監督以下一部のに関係者しか知らされていなかったため、共演の山崎賢人さんや要潤さんも大阪和sンの怪我のことに気づかなかったそうです。
やっぱりプロは違いますね。
カーテンココ 見積もり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です