家具や姫は世間知らず?ヤマダ電機傘下に入った大塚家具の社長辞任劇

「昨年ヤマダ電機の人たちが経営に参画してから久美子社長んp発言権はほぼなくなりました。でも辞任の直前まではやたら強気だったんです・
そう週刊誌の取材に語っているのは大塚家具の社員。」
10月28日に社長辞任表明をした大塚久美子元社長の去就が注目されていあmす。

思えば久美子氏は創業者の父・勝久氏と大塚家具の経営権をめぐって親子喧嘩していたことはマスコミにもよく登場していました。
最終的には久美子氏が大塚家具の経営権を握り、創業者であり父でもある勝久氏は大塚家具を去りました。
従来の高級家具路線を守り続ける父
大衆向けに舵を切りたかった久美子氏
その折り合いはどうしてもつかなかったようですね。
結局 久美子氏の目指したのは日本版イケアかニトチのチョイ高級版だったのかもしれません。
しかし、結果は散々たるものでした。
久美子氏が社長就任して以降もずっと大幅赤字を計上し続け、業績は一向に上向きませんでした。
いよいよ会社の資産も底を尽きかけた頃に大手や家電販売店のヤマダ電機にたすけっを求めました。
多角化路線をとっているヤマダ電機です。
ヤマダ電機は大手住宅ハウスメーカーの旧エスバイエルを買収したりもしてましたから家具メーカーもその事業展開のうえで魅力的だったのかもしれません。

しかし、やまっ電機はビジネスでの強力ですからそこには一切の感情が入る余地はありません。
ヤマダ電機の43億円の出資を受けた大塚家具
「とりあえず1年は」と久美子氏に大塚家具の社長としてその手腕を試したようです。
そして古来年4月期の業績予想は28億円のア馴染み込み
1年という期限を目の前にして今回の久美子氏の社長辞任表明です。

創業者でもあり大塚家具を追い出された父 勝久氏は匠大塚家具を立ち上げ、大塚家具からの移籍社員もそこで受け入れています。
そこに久美子氏が戻るいことには相当の反発もあるかもしれません。
ビジネスと親子の感情
娘の窮地に父勝久氏はどんな対応をするのでしょうか?
家具や姫、いずこへ・・・・
きらケア老人ホーム

すでにプロ野球の話題はFA宣言するかも?中日の大野投手

今シーズンの中日の左のエース「大野雄大」投手の活躍はすごかった。
45イニング連続無失点の球団記録
も樹立しました。

そんな大野投手のは苦労人dネス。
京都生まれで京都外大西高から佛教大と生粋の京都人です。
大学4年の時には肩を痛め怪我で投げられませんでした。
それでもドラフト1位指名をした中日のスカウト陣の眼は確かでしたね。

今シーズンに開花した大野投手ですがFA権を「取得できる条件になったことから他球団の触手を簿なしています。
阪神は
「藤川、福留孝介、能美篤史らベテランの放出や引退で金銭面でかなり負担が楽なった。
 そこで、3年契約、総額10億円以上の条件で大野投手獲得に動いています」
(球界関係者)

そして、今シーズン優勝も果たした巨人は
「エース菅野智之が大リーグ挑戦もささやかれている巨人。
先発の柱になる大野は狙っている。
その資金力にものをいわせて他球団以上の上江kンを提示するのでは?」
(球団関係者)

実はこの大野投手
あのメジャーリーガーの前田健太選手とも同級生で自主トレも一緒にする仲だそうです。
そんな前田選手に刺激を受けてメジャー挑戦?という噂もあります。

そんなうさまざまなうわさが飛び交う大野投手のFAの話題ですが
「感謝の気持ちを忘れずにやりたい」
とドラフト1位指名の中日にも深い感謝の気持ちを抱いています。
「二年前に建てた名古屋市内の豪邸。生涯中にという覚悟の表れ?」
とも言われています。

しかし、幼い頃からの大の阪神ファンは有名で、特に阪神の藤川球児投手にあこがれていて、背番号も藤川投手と同じ22番を希望したとも言われています。

しかし中日も流出防止に躍起です。
「中日は今オフ。大型契約になりそうな選手はこんじょ大野投手のみ
 球団一丸となって流出防止に全力を尽くす。
 異例の4年契約、総額12億円プラス出来高払いを用意し、下交渉を進めている。」
とのこと。

恩を優先するか?
お金を優先するか?
夢を優先するか?
まだまだ大野投手の憂鬱は続きそうですね。

しかし今シーズンは例のコロナ禍で異例の事態ばかりでした。
開幕の大幅遅れ
試合数の激減
などなど例年とは全く異なる状況です。
そこで今シーズンたたき出したこの大野投手の成績
果たして「実力通りの当たり前」なのか?「たまたま(まぐれ?)」なのか・・・
そのぱたりは誰にもわかりません。
鳴り物入りでFAで移籍した選手が、期待通りの活躍が出来ずに1軍と2軍を行ったり来たりした選手をたくさん見てきました。
大野選手にはしっかりと賢明な決断をして欲しいものです。
補聴器 嫌がる 親