家具や姫は世間知らず?ヤマダ電機傘下に入った大塚家具の社長辞任劇

「昨年ヤマダ電機の人たちが経営に参画してから久美子社長んp発言権はほぼなくなりました。でも辞任の直前まではやたら強気だったんです・
そう週刊誌の取材に語っているのは大塚家具の社員。」
10月28日に社長辞任表明をした大塚久美子元社長の去就が注目されていあmす。

思えば久美子氏は創業者の父・勝久氏と大塚家具の経営権をめぐって親子喧嘩していたことはマスコミにもよく登場していました。
最終的には久美子氏が大塚家具の経営権を握り、創業者であり父でもある勝久氏は大塚家具を去りました。
従来の高級家具路線を守り続ける父
大衆向けに舵を切りたかった久美子氏
その折り合いはどうしてもつかなかったようですね。
結局 久美子氏の目指したのは日本版イケアかニトチのチョイ高級版だったのかもしれません。
しかし、結果は散々たるものでした。
久美子氏が社長就任して以降もずっと大幅赤字を計上し続け、業績は一向に上向きませんでした。
いよいよ会社の資産も底を尽きかけた頃に大手や家電販売店のヤマダ電機にたすけっを求めました。
多角化路線をとっているヤマダ電機です。
ヤマダ電機は大手住宅ハウスメーカーの旧エスバイエルを買収したりもしてましたから家具メーカーもその事業展開のうえで魅力的だったのかもしれません。

しかし、やまっ電機はビジネスでの強力ですからそこには一切の感情が入る余地はありません。
ヤマダ電機の43億円の出資を受けた大塚家具
「とりあえず1年は」と久美子氏に大塚家具の社長としてその手腕を試したようです。
そして古来年4月期の業績予想は28億円のア馴染み込み
1年という期限を目の前にして今回の久美子氏の社長辞任表明です。

創業者でもあり大塚家具を追い出された父 勝久氏は匠大塚家具を立ち上げ、大塚家具からの移籍社員もそこで受け入れています。
そこに久美子氏が戻るいことには相当の反発もあるかもしれません。
ビジネスと親子の感情
娘の窮地に父勝久氏はどんな対応をするのでしょうか?
家具や姫、いずこへ・・・・
きらケア老人ホーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です