キャッシングのポイント!

キャッシングではどうやって返済して行くのか?

できる範囲で大丈夫、安心カードローン返済

カードローンをするとき、返済はどうしよう、督促の電話や家まできたらどうしようと不安になるかたが多いと思います。督促の電話や家まで来るのは、ドラマの中だけのお話です。私は、実際に2社から借りていますが、電話は1回もきたことがありません。もちろん、家族にも友人にも誰にも知られていません。30万と13万で合計43万かりています。一番はじめに借りたのは30万のほうで生活費として借りました。

スタッフのかたが懇切丁寧に対応してくれ、返済日から返済額まで無理なく決めてくれました。私の場合は、支払い日は給料日(メールでのお知らせあり)、支払い金額は月13000円で2年から3年で完済できるプランを立てていただきました。

生活に支障もでず毎月返済できています。13万のほうは家の事情で、どうしても必要になり、30万のカードローンから借り入れようとしたところ、増額していなかったため借り入れず、急遽、別会社で借り入れしました。こちらのほうもスタッフのかたが懇切丁寧に対応してくれ、返済日から返済金額まで決めてくれました。返済額は月8000円で、もうすでに完済しました。

60万まで借り入れを増額してもらったので、解約はせず、いざという時のお守り代わりに持ち歩いています。いざという時に使えるお金があると心強いです。怖い思いをするどころか、むしろ、安心感をもらえたので、カードローンで借り入れして良かったと思っています。

返済は、様々な方法からご都合に合わせて選択可能です

カードローンの返済方法は、借入先の窓口やATMに行ってする以外にも、みなさんが返済しやすいように様々な方法が用意されています。

まず。ATMは、その借入先以外でも、提携している会社のものならば、返済に利用することが可能です。特に、コンビニエンスストアに設置してあるATMなら、24時間いつでも返済が可能なため、とても便利です。また、銀行からその借入先の口座へ振込で返済することも可能です。ただし、提携のATMや銀行からの振込の場合、手数料が掛かりますので、ご注意ください。

手数料も手間も掛けずに返済したい方は、口座振替を利用するとよいでしょう。ご自分の口座から毎月自動で引き落としになりますので、資金の準備さえ忘れなければとても便利です。また、借入先が指定している銀行のネットバンキングの環境が整っている方は、パソコンやスマホから手数料をかけずに返済ができますので、こちらも使いやすいでしょう。

返済は、毎月定期的に行うことが基本ですが、臨時収入があり、余裕ができたときに、スポットで返済することも可能です。

即日キャッシングをする為のポイントって何?

すぐに借りるために知っておきたい 即日キャッシングに必要なもの

すぐにお金が欲しいという人の救世主といえる即日キャッシングですが、初めて申し込むという方は何が必要かわからないかもしれません。即日キャッシングですぐにお金を借りるためにも必要なものをあらかじめ知っておき、準備することが大切です。

即日キャッシングも通常のキャッシングと必要なものは同じで、本人確認書類と収入を証明する書類が必要です。本人確認書類は運転免許証のように公的機関が発行した写真付きの身分証明書です。運転免許証の他にパスポートなども該当します。写真付きの証明書がないという方は、健康保険証と住民票など公的書類二つでもよいとされています。

収入を証明する書類はすべての即日キャッシングで必要というわけではなく、少額の場合などは不要な金融機関もあります。しかし、スムーズに申し込みを行うには準備しておいた方が安心です。

収入を証明する書類には、源泉徴収票や確定申告書、給与明細などがあります。給与明細で収入を証明する場合は2か月以上用意するようにいわれる金融機関が多いです。

最近では多くの即日キャッシングを受け付ける金融機関で、必要書類についてホームページなどに情報を記載しています。申し込む前に確認しておくとわかりやすいでしょう。

申し込む会社は慎重に選びましょう

即日でキャッシングする際は身分証明書があれば基本は大丈夫ですが、借入額次第では収入証明書が必要になります。身分証明書も消費者金融系ならば顔写真がない身分証明書でも大抵問題なく審査に移りますが、銀行系の場合は顔写真ありの身分証明書がない場合は現在の住所を証明できる書類が必要になります。会社によっては免許証限定の会社もあるので必ず審査前に確認しましょう。

更に確認しておくべきなのは「土日、祝日でも即日キャッシングが可能なのか」どうかということと「何時までの契約完了で即日キャッシング」なのかです。これを確認しないと即日キャッシングは困難になります。

これらを踏まえたうえで申し込みするのですが、自分は自動契約機を利用する方法をお勧めします。何故かというと、自動契約機の場合はその場で審査、契約までほぼ終えることができカードもその場で受け取ることができるので、郵送されないので家族にバレる心配も少なくなります。自動契約機はオペレーターの方が不明な点を一つ一つ教えて下さるので、特に困ることはありません。

対面でもないので多少人見知りがある方でも幾分か安心して契約できるかと思います。銀行振り込みの場合は自分の口座や名義人等の情報を契約時に会社へ連絡する必要があり、引き出す時間帯によっては手数料もかかるのであまりお勧めはしません。

即日キャッシングで注意することは何か?

カードローンの総量規制に注意すること!

カードローンを利用するときに覚えてほしい注意点があります。総量規制があるかないかということです。借り入れする際にやはりどれくらい借り入れ出来るという限度額だと思います。

借り入れ出来る限度額というのは決まりがあり総量規制法という法律があり「年収の1/3までの借り入れが出来る」というものです。つまり年収が450万円の人は150万円の借り入れが限度額として儲けられるわけです。しかしこの総量規制は適用されるカードローンと適用されないカードローンとがあります。

まず総量規制が適用されるカードローンいうのは消費者金融系のカードローンです。主な会社名でいうとアイフル、アコム、プロミス、レイクなどです。逆に総量規制が適用されないカードローンというのは銀行系のカードローンです。主な会社名でいうとみずほ銀行、りそな銀行、UFJ銀行、などです。

つまり銀行とつく名のカードローンは総量規制対象外なので借り入れする際にひとつの目安として利用を検討できます。

カードローンのもう一つの注意点は「返済日の確認」

カードローンを利用する際に注意しておきたい点があります。まずは返済日の確認です。

お金が無い状態で返済日を迎えるのはとても危険なことです。特に給料日前の返済というのは苦しいものがありますから必ず返済日は給料日後に決めるのが良いです。カードローン会社によって細かい設定は異なりますが、だいたいは10日、15日、20日、25日、30日(月末)と自身の給料日に合わせて返済日を設定することが出来ます。

次に返済が慣れてくると、次は完済の為にどのようなことに気を付ければ良いかと考えます。出来るだけ早く完済することに越したことはないので、返済の為に利子というものに注意して見る必要があります。カードローン申し込みの際に「利子は○%」とあったと思います。

この利子は元金につくものでもちろん元金が多ければ多いほど利子額は大きくなりますし、返済日ギリギリに返済していたらあまり元金が減っていないことに気付くと思います。これはある一定の期間からその当月返済分の利子が発生するので利子が発生しだしたときにすぐに返済するように気を付けておけば少しでも返済額が減っていきます。