審査の流れやコツ!

即日キャッシングの審査の流れを分かりやすく解説!

カードローンの審査はどのように行われる?

現在、カードローンを利用するとなった場合には、インターネットをはじめ、電話、郵送、店頭など、さまざまな方法でのお申し込みが可能となっていますが、インターネットだと24時間365日お申し込みが可能となっているので、インターネットでのお申し込みをおすすめいたします。

お申し込みを行うと確認の電話、あるいはメールが携帯電話などに来ることとなっているので、受けるための準備を整えておいてください。

その後、審査へと移るのですが、消費者金融と銀行、どちらのカードローンを利用するかによって審査時間は異なり、一般的に銀行の審査には時間がかかって、消費者金融は短時間で終わるものとなっています。

そして、審査の際に重要となってくるのは在籍確認です。

在籍確認とは、お申し込み時の書類に記入した勤め先に本当のその人が勤めているのかを確認するためのものであります。

具体的にはカードローン会社から勤め先に電話をかけるといった方法で行われますが、この際、カードローン会社では個人名で電話をかけてくることとなっており、会社名を名乗ってかけてくることはまずありません。

これは、カードローンの利用を他の社員にバレないようにするという、利用者に対する配慮です。

審査の結果については、電話、または、メールで連絡が来るものとなっており、合格していた場合はそれから契約手続きを行い、ローンカードを郵送、あるいは、自動契約機で入手後、店頭のATMや、コンビニのATMで借入を行えるようになるという流れとなっています。

カードローンの審査の流れ

カードローン審査はまず申し込んでからどのように進めていくのか不安があると思います。今回はその審査の流れを書きたいと思います。

まず申し込みをして最初に簡単な審査があります。登録した情報を元に審査を行い、この人は借り入れが出来る人なのかという基準を見て決まります。だいたい審査時間は30分~1時間程です。カードローンスタッフから連絡が来て無事審査に通過すれば次の審査へと進みます。

次の審査は実際に自身の収入に照らし合わせてどのくらい借り入れが出来るのかという限度額を決めます。ここで注意しておきたい点は、他社からの借り入れがないかどうかです。なければ借り入れ額は多く借り入れが出来るのですが、他社から借り入れがあれば総量規制という年収の1/3までしかカードローンの借り入れが出来ないというシステムがあります。

よく聞く収入と支出のバランスを大事にというのはこのことです。借りすぎも注意しておきたいので審査の際には正直に伝えましょう。

即日キャッシングに必要な書類は何か?

カードローンを申し込む時の必要書類

カードローンを申し込む際、必ず必要な書類があります。事前に必要な書類を把握し準備しておくことでスムーズに申し込み、審査をすることができます。

カードローンを申し込む時に必要になるのが本人確認書類です。本人確認書類は申込者が本人かどうかの確認と申告された内容の事実確認のためのものです。運転免許証や運転経歴証明書、パスポートは顔写真が入っており名前、年齢、住所など審査を受ける際に必要な情報が記載されているため本人確認に適しています。

運転免許証などがない場合は、健康保険証や個人番号カード、在留カードと別途で公共料金の領収書などが必要となる場合があります。

カードローン会社の審査や借入額によって収入証明書類が必要になります。返済能力などに問題がないかの確認するために必要になります。前年度の源泉徴収票や、所得証明書、確定申告書のいずれかか、給与明細書であれば直近2ヶ月分が必要になるので捨てずに保管しておきましょう。

必要書類はカードローンを申し込む前や契約する前に準備しておくことでスムーズに手続きすることができます。

身分証明書類が運転免許証以外の場合に注意したいことは?

キャッシング契約を行う際、必ず身分証明書類を提出する必要があり、多くの方が運転免許証を提出すると思います。しかし、運転免許証を所持していない方は健康保険証など、個人を特定する個別番号が記載された書類を提出することになります。

この際に注意する点があり、犯罪移転防止法の改正により、写真が付いていない場合は追加書類の提出が必要になっています。その際、住民票や納税証明書類、そして公共料金の領収書を提出することで済むものの、公共料金の領収書の場合、名義人に注意が必要です。

領収書の名義人が異なる場合、契約者が記載されている住所に居住していると確認出来ません。結果として、追加書類として利用出来ないことになります。特に主婦や実家暮らしといった方の場合、名義人が異なるため、二度手間や確実に契約手続きを済ませるため、住民票を提出することがベストの手段になります。大手消費者金融のプロミスでは、追加書類の例として住民票を記載しているのが実態です。