キャッシングではどうやって返済して行くのか?

できる範囲で大丈夫、安心カードローン返済

カードローンをするとき、返済はどうしよう、督促の電話や家まできたらどうしようと不安になるかたが多いと思います。督促の電話や家まで来るのは、ドラマの中だけのお話です。私は、実際に2社から借りていますが、電話は1回もきたことがありません。もちろん、家族にも友人にも誰にも知られていません。30万と13万で合計43万かりています。一番はじめに借りたのは30万のほうで生活費として借りました。

スタッフのかたが懇切丁寧に対応してくれ、返済日から返済額まで無理なく決めてくれました。私の場合は、支払い日は給料日(メールでのお知らせあり)、支払い金額は月13000円で2年から3年で完済できるプランを立てていただきました。

生活に支障もでず毎月返済できています。13万のほうは家の事情で、どうしても必要になり、30万のカードローンから借り入れようとしたところ、増額していなかったため借り入れず、急遽、別会社で借り入れしました。こちらのほうもスタッフのかたが懇切丁寧に対応してくれ、返済日から返済金額まで決めてくれました。返済額は月8000円で、もうすでに完済しました。

60万まで借り入れを増額してもらったので、解約はせず、いざという時のお守り代わりに持ち歩いています。いざという時に使えるお金があると心強いです。怖い思いをするどころか、むしろ、安心感をもらえたので、カードローンで借り入れして良かったと思っています。

返済は、様々な方法からご都合に合わせて選択可能です

カードローンの返済方法は、借入先の窓口やATMに行ってする以外にも、みなさんが返済しやすいように様々な方法が用意されています。

まず。ATMは、その借入先以外でも、提携している会社のものならば、返済に利用することが可能です。特に、コンビニエンスストアに設置してあるATMなら、24時間いつでも返済が可能なため、とても便利です。また、銀行からその借入先の口座へ振込で返済することも可能です。ただし、提携のATMや銀行からの振込の場合、手数料が掛かりますので、ご注意ください。

手数料も手間も掛けずに返済したい方は、口座振替を利用するとよいでしょう。ご自分の口座から毎月自動で引き落としになりますので、資金の準備さえ忘れなければとても便利です。また、借入先が指定している銀行のネットバンキングの環境が整っている方は、パソコンやスマホから手数料をかけずに返済ができますので、こちらも使いやすいでしょう。

返済は、毎月定期的に行うことが基本ですが、臨時収入があり、余裕ができたときに、スポットで返済することも可能です。

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*