即日キャッシングに必要な書類は何か?

カードローンを申し込む時の必要書類

カードローンを申し込む際、必ず必要な書類があります。事前に必要な書類を把握し準備しておくことでスムーズに申し込み、審査をすることができます。

カードローンを申し込む時に必要になるのが本人確認書類です。本人確認書類は申込者が本人かどうかの確認と申告された内容の事実確認のためのものです。運転免許証や運転経歴証明書、パスポートは顔写真が入っており名前、年齢、住所など審査を受ける際に必要な情報が記載されているため本人確認に適しています。

運転免許証などがない場合は、健康保険証や個人番号カード、在留カードと別途で公共料金の領収書などが必要となる場合があります。

カードローン会社の審査や借入額によって収入証明書類が必要になります。返済能力などに問題がないかの確認するために必要になります。前年度の源泉徴収票や、所得証明書、確定申告書のいずれかか、給与明細書であれば直近2ヶ月分が必要になるので捨てずに保管しておきましょう。

必要書類はカードローンを申し込む前や契約する前に準備しておくことでスムーズに手続きすることができます。

身分証明書類が運転免許証以外の場合に注意したいことは?

キャッシング契約を行う際、必ず身分証明書類を提出する必要があり、多くの方が運転免許証を提出すると思います。しかし、運転免許証を所持していない方は健康保険証など、個人を特定する個別番号が記載された書類を提出することになります。

この際に注意する点があり、犯罪移転防止法の改正により、写真が付いていない場合は追加書類の提出が必要になっています。その際、住民票や納税証明書類、そして公共料金の領収書を提出することで済むものの、公共料金の領収書の場合、名義人に注意が必要です。

領収書の名義人が異なる場合、契約者が記載されている住所に居住していると確認出来ません。結果として、追加書類として利用出来ないことになります。特に主婦や実家暮らしといった方の場合、名義人が異なるため、二度手間や確実に契約手続きを済ませるため、住民票を提出することがベストの手段になります。大手消費者金融のプロミスでは、追加書類の例として住民票を記載しているのが実態です。

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*