即日キャッシングで注意することは何か?

カードローンの総量規制に注意すること!

カードローンを利用するときに覚えてほしい注意点があります。総量規制があるかないかということです。借り入れする際にやはりどれくらい借り入れ出来るという限度額だと思います。

借り入れ出来る限度額というのは決まりがあり総量規制法という法律があり「年収の1/3までの借り入れが出来る」というものです。つまり年収が450万円の人は150万円の借り入れが限度額として儲けられるわけです。しかしこの総量規制は適用されるカードローンと適用されないカードローンとがあります。

まず総量規制が適用されるカードローンいうのは消費者金融系のカードローンです。主な会社名でいうとアイフル、アコム、プロミス、レイクなどです。逆に総量規制が適用されないカードローンというのは銀行系のカードローンです。主な会社名でいうとみずほ銀行、りそな銀行、UFJ銀行、などです。

つまり銀行とつく名のカードローンは総量規制対象外なので借り入れする際にひとつの目安として利用を検討できます。

カードローンのもう一つの注意点は「返済日の確認」

カードローンを利用する際に注意しておきたい点があります。まずは返済日の確認です。

お金が無い状態で返済日を迎えるのはとても危険なことです。特に給料日前の返済というのは苦しいものがありますから必ず返済日は給料日後に決めるのが良いです。カードローン会社によって細かい設定は異なりますが、だいたいは10日、15日、20日、25日、30日(月末)と自身の給料日に合わせて返済日を設定することが出来ます。

次に返済が慣れてくると、次は完済の為にどのようなことに気を付ければ良いかと考えます。出来るだけ早く完済することに越したことはないので、返済の為に利子というものに注意して見る必要があります。カードローン申し込みの際に「利子は○%」とあったと思います。

この利子は元金につくものでもちろん元金が多ければ多いほど利子額は大きくなりますし、返済日ギリギリに返済していたらあまり元金が減っていないことに気付くと思います。これはある一定の期間からその当月返済分の利子が発生するので利子が発生しだしたときにすぐに返済するように気を付けておけば少しでも返済額が減っていきます。

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*